盛岡グランドホテル、ウエディングに全集中 宿泊事業休止し苦境打開図る

感染対策のアクリル板を拭き、披露宴会場の準備をするスタッフ

 盛岡グランドホテル(盛岡市)は2〜6月、宿泊などの営業を休止してウエディング事業に専念する。新型コロナウイルスの影響による利用低迷を受けての措置。婚礼に特化した業務継続は業界でも珍しい。

 期間中は宿泊、レストランなど婚礼関連以外の全事業を休止。結婚式や披露宴、挙式前撮影などは感染対策を徹底し、従来通りのサービスを続ける。

 披露宴の下見や打ち合わせを含め、全てのイベントがカップル一組ごとの「ホテル貸し切り」。宿泊客などの出入りがないため、感染リスクの軽減にもなるという。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連
先頭に戻る