参道の明かり 街を照らす 盛岡・内丸でライトアップ

ライトアップされた桜山神社の本殿=11日

 盛岡市内丸の桜山神社周辺をキャンドルや発光ダイオード(LED)の明かりで彩る「モリオカライトアッププロジェクト」が、13日まで開催されている。

 新型コロナウイルスの影響で沈む中心市街地を元気づけようと、地元有志でつくる実行委員会が企画。神社本殿や参道の飲食店街を300個のキャンドルとLEDで照らし、風情ある町並みが一層幻想的なムードに包まれている。

 坂本広行宮司(63)は「コロナが収束してにぎわいが戻るまで、今は我慢の時。見た人に『きれいだな』と温かい気持ちになってもらえれば」と話した。

 ライトアップは午後5~8時に実施される。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る