五輪聖火リレー「屋外は対策取れば大丈夫」 宮城知事、前向き

村井嘉浩宮城県知事

 島根県の丸山達也知事が同県内で中止する意向を示した東京五輪の聖火リレーについて、村井嘉浩知事は22日の定例記者会見で「沿道の人の動きをコントロールできれば問題ない。屋外で行うので対策を取れば大丈夫だ」として、新型コロナウイルス感染下の実施に前向きな考えを示した。
 村井知事は「(丸山知事が)どういう思いで発言したかは分からないが、宮城県の考えは変わらない。粛々と準備を進める」と明言。五輪・パラリンピックの開催の在り方にも触れ、「世界的大イベントで選手も準備をしている。極力開催するべきだ」と述べた。
 丸山知事の姿勢を念頭に置いたのか、「『見事な大会だった』と言われるためにも、国を挙げて、みんなが不平不満を言わずに協力するべきだ。宮城は不平不満を言わずに力を合わせて頑張る」と強調した。
 丸山知事は17日の記者会見で、政府や東京都のコロナ対策に疑問があるとして、リレーを中止する意向を表明した。

新型コロナ関連
先頭に戻る