災害公営住宅の課題「ラジオ相談室」で解決 第2弾が27日から

 東日本大震災の災害公営住宅が抱える課題を解決しようと、宮城県内のコミュニティーFM7局が連携する特別番組「ラジオ自治会相談室」が27日~3月7日、放送される。昨年9月の放送に続く第2弾で、自治会活動の悩みに助言する。

 みやぎ連携復興センター(仙台市)が企画。認定NPO法人つながりデザインセンター(同)の宮本愛事務局長と、東北まちラボ(山元町)の橋本大樹代表の2人がアドバイスする。

 放送日時はラジオ3(仙台市)が27日正午、エフエムなとり(名取市)とエフエムあおぞら(亘理町)が28日午前11時、ラヂオ気仙沼(気仙沼市)が同正午、ベイウエーブ(塩釜市)が同午後1時、ラジオ石巻(石巻市)が3月6日午後3時、エフエムいわぬま(岩沼市)が7日午後3時。

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る