FAQ

酒田消防パワハラ自殺、1億1000万円賠償で遺族と組合が和解

 酒田地区広域行政組合消防本部の男性消防士=当時(20)=が2014年に自殺したのは救助訓練チームの指導役だった消防職員らのパワハラがあったためだとして、遺族が組合に約1億5000万円の損害賠償を求めた訴訟は24日、山形地裁鶴岡支部で和解が成立した。

 和解の内容は、組合が損害賠償金1億1000万円を…

残り 242文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る