車窓がディスプレー 景色も観光情報も JR秋田、リゾートしらかみに4月搭載

リゾートしらかみに試験搭載される「e―モーションウインドウ」のイメージ(JR東日本秋田支社提供)
1/2

 JR東日本秋田支社は25日、青森、秋田両県の日本海沿いを走る五能線の観光列車「リゾートしらかみ」に、車両の窓に天気などの情報を映す透過型ディスプレー「e-モーションウインドウ」を4月2日から試験搭載すると発表した。
 4月1日から始まる大型観光宣伝「東北デスティネーションキャンペーン(DC)」の一環で、日本初の取り組み。
 モーションウインドウは2重の窓ガラスの間に有機ELディスプレーを挟んだ構造で、大きさは縦約68センチ、横約120センチ。車窓からの風景に車外の天気や日没時間、五能線沿線の観光情報などを重ねて表示する。
 1日1往復で運行している「青池編成」(4両)に搭載する。日本海の絶景を観賞できるリゾートしらかみの魅力を損なわないよう、1、4号車にある展望室の内陸側の窓にそれぞれ1枚ずつ設置する。
 乗客の声を参考に表示内容の追加を検討するほか、将来的には他の列車への導入も目指す。田口暁(ぎょう)営業部長は「新しい技術を生かし、リピーター客を増やしたい」と話した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る