子連れでも住宅ローン相談に 仙台銀本店がキッズルーム開設

仙台銀行本店の住宅ローンプラザに設けられたキッズルーム。両側の相談場所から中の様子を確認できる

 仙台銀行は、本店(仙台市青葉区)の住宅ローンプラザに相談客の子どもが絵本やDVDなどを楽しめるキッズルームと授乳室を整備した。幼い子ども連れで住宅ローン相談に訪れる客が多く、行員が設置を提案して実現した。同行は子ども連れでも落ち着いてゆっくり相談できるようになると期待する。
 4カ所ある相談スペースのレイアウトを変更し、1月に開設。キッズルームを相談スペースの間に配置し、相談中でも子どもの様子が見えるように配慮した。
 新型コロナウイルス対策として、室内や備品に抗菌処理を実施。キッズルームには絵本やDVDを見られるテレビを置いた。
 発案したのは個人営業企画課の萩原文恵主任。自身も1歳の子育て中で「授乳やおむつ交換の場所の需要が多かった。相談場所の経年劣化もあり、新しくした方がいいと感じた」と話す。
 相談は1時間~1時間半かかる場合が多い。一緒に考えたローン推進課の小野寺佳苗主任は「小さい子は長い時間耐えられない。DVDなどを見ながら待ってもらえる」と説明する。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る