ワクチン接種 集団と個別併用の方針 宮城・登米

 宮城県登米市は12日、新型コロナウイルスのワクチン接種について、集団接種と個別接種を併用する方針を明らかにした。ワクチンが確保でき次第、高齢者を対象に4月中旬から開始する。

 対象は市民7万7000人で、集団接種場所は市内の公民館や体育館など20カ所。1日当たり2会場で4時間(午後2~6時か、午後4~8時)行う。個別接種は市内の医療機関16カ所でそれぞれ行う。

 4月から順次、対象者に接種券と予診票を郵送。電話(平日午前9時~午後6時)とインターネット(24時間)で予約を受け付ける。接種は2回必要で、1回目の接種時に3週間後の2回目接種の予約確認をする。

 3月下旬に相談窓口の市コールセンターを設置。連絡先はフリーダイヤル(0120)567257。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る