FAQ

軌跡(11)双葉・佐藤一夫さん 郵便局跡地に面影求め

 景色の変化が時の流れを物語る。東日本大震災の津波で壁が抜けた建物は姿を消し、新しい防潮堤ができた。周囲ではかさ上げ工事が進む。

 福島県いわき市に住む佐藤一夫さん(79)が10日、福島県浪江町請戸地区を訪れ、郵便局の跡地で静かに手を合わせた。長男の健一さん=当時(41)=がここで津波にのまれた。行方…

残り 1033文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る