FAQ

軌跡(12)名取・鈴木英二さん 被災家屋で津波伝える

 仙台空港の東側に広がる更地に、一軒家がぽつんと立っている。1階の外壁は失われ、むき出しになった骨組みが東日本大震災の津波の威力を示す。

 「百聞は一見にしかず。その思いは伝えられたんじゃないか」。被災家屋に住んでいた宮城県名取市の会社社長鈴木英二さん(79)が振り返る。

 震災後、内陸部の同市増田に住…

残り 1127文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る