仙台市人事 健康福祉局長に加藤氏、危機管理局長に木村氏有力

仙台市役所

 仙台市は12日、4月1日に発令する局長級人事を固めた。健康福祉局長に加藤邦治青葉区長(56)を起用し、舩山明夫健康福祉局長(58)は会計管理者に回る見通し。新設する危機管理局長は木村洋二危機管理監(57)が有力で、危機管理監を兼務するとみられる。
 3月末に任期満了を迎える佐々木洋教育長(62)の後任に、福田洋之財政局長(59)が就く人事案に市議会が同意。財政局長に高野一樹文化観光局長(41)が回り、文化観光局長に菊田敦次長兼総務局次長(55)が昇格する見込みだ。
 遠藤和夫経済局長、小野司消防局長は定年退職する。後任の経済局長は村上薫都市整備局交通政策担当局長(56)が有力。消防局長は結城由夫次長兼総務部長(57)が昇格するとみられる。加藤氏の後任の青葉区長は会田義克総務局新型コロナウイルス感染症対策調整担当局長(56)を起用する方向で調整が進む。
 石川浩史会計管理者(59)は文化観光局理事に回り、仙台観光国際協会に派遣される方向。鈴木義恵市立病院理事(58)は財政局税務監に就任し、菅原広実市立病院次長兼経営管理部長(58)が理事に昇格する。
 2023年度に開催する全国都市緑化フェアの推進担当を新設し、岡本一郎建設局次長(59)を理事に昇格させて充てる見通し。佐藤康行文化観光局次長兼東北連携推進室長(58)も理事とし、市市民文化事業団に派遣するとみられる。
 檜森亮議会事務局次長(55)は市民局理事に就き、危機管理局理事を兼務する。岩城利宏財政局次長兼財政部長兼総務局次長(54)は財政局と危機管理局の理事を兼ね、総務局次長兼務は解く方向。高谷昌宏財政局税務監は定年退職する。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る