ユアスタのボックス席人気 3~5人で利用可能に 全席種で最初に完売

ボックス席で試合観戦を楽しむ来場者=6日、ユアテックスタジアム仙台(J1仙台提供)

 サッカーJ1仙台のホーム戦が行われるユアテックスタジアム仙台(泉区)のボックス席が、人気を集めている。全席種で最初に完売する勢いで、運営するベガルタ仙台(仙台市)の担当者は「多くの方に、仲間とテーブルを囲んで観戦を楽しんでほしい」と話している。
 ボックス席は昨年8月、法人やグループ観戦者のニーズに応えて設置。ドリンクホルダー付きのテーブルを備えた5、6人用の計32区画でメイン、バックの両スタンド南側に用意した。
 ボックス席で職場の同僚と6日の川崎戦を観戦した仙台市宮城野区の会社員青木信亮さん(47)は「テーブルに荷物や食べ物を置いてゆっくり観戦できるし、試合も見やすい」と歓迎した。
 新型コロナウイルスの影響を受け5人固定で販売していたが、グループ来場者が減ったため、3~5人から自由に選択できるよう今季変更した。観戦者が求めやすくなり、人気の席種になった。
 試合日の2週間前に発売する。基本価格は1人当たり4000円で、需要などで価格が変動する「ダイナミックプライシング」の対象となる。5月1日の柏戦までのボックス席購入者には、選手写真付きクリアファイルをプレゼントする。
 連絡先はベガルタ仙台022(216)1050。

河北新報のメルマガ登録はこちら

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る