選抜高校野球 八戸西、初戦で散る

具志川商―八戸西 2回に3点目を奪われ、渋い表情を浮かべる八戸西先発の福島(右)と捕手藤本

 選抜高校野球大会第3日は22日、甲子園球場で1回戦3試合が行われ、八戸西(青森)は具志川商(沖縄)との21世紀枠で甲子園初出場校同士の一戦に、3-8で敗れた。福岡大大濠、明豊(大分)が2回戦に進んだ。

 八戸西は4失策と守備が乱れ、先発福島も5回5失点と踏ん張れなかった。

 福岡大大濠は大崎(長崎)に2-1で勝った。毛利が10三振を奪って、1失点完投。

 明豊は21世紀枠の東播磨(兵庫)に延長十一回、10-9でサヨナラ勝ち。9-9の十一回に無死満塁から暴投で決勝点を挙げた。

 ▽1回戦(第1試合)
八戸西(青森)000000201-3
具志川商(沖縄)04010120×-8

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る