宇和島のブラッドオレンジ、福井の梅ソーダ 「旅するモクテル」盛岡に開店

色鮮やかな商品をPRする武田さん

 ノンアルコールカクテル専門店「旅するモクテル」が盛岡市の百貨店「川徳」地下1階にオープンした。店主の武田明子さん(38)が全国各地を5年間、旅しながら出合ったジュースなどをカクテル風に提供する。

 福井県南越前町の梅シロップを使ったサイダー、県産リンゴで作ったホットドリンクなど約20種類を取りそろえた。愛媛県宇和島市から温州ミカン、ブラッドオレンジなど4品種のみかんジュースを取り寄せ、現在はカクテルを開発中だ。

 武田さんは兵庫県出身。盛岡市でグラフィックデザインの会社を営む。2015年から全国を旅しながら働いてきた。

 これまでに44都道府県を訪れ、岩手県では栽培が難しいかんきつ類や大量生産されていない現地限定商品などに出合った。その味に引かれ、「岩手の人にも味わってほしい」と開業を決めたという。

 店名のモクテルはノンアルコールカクテルの別称。商品は季節に応じて入れ替え、今後も仕入れの旅を続ける予定。

 武田さんは「県外の商品が多く、コロナ禍でも旅先気分が味わえる。見た目にも鮮やかで、仕事の合間などに気分転換してほしい」とPRした。

 価格はブラッドオレンジ972円、梅ソーダ648円など。午前10時〜午後7時。

連絡先はこちら

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る