仙台市、イベント取りやめ 4月11日まで市民センターなど利用中止

 仙台市は25日、新型コロナウイルス感染症対策会議を開き、市内の感染者急増に伴い、26日以降のイベントは原則中止か延期し、市民利用施設も原則休館とすることを決めた。宮城県と出した独自の緊急事態宣言期間の4月11日まで実施する。

 各市民センターは27日から利用不可とし、既に予約を入れている団体には利用自粛を強く要請する。市八木山動物公園(太白区)も期間中は臨時休園する。

市民利用施設の休館・利用自粛について(仙台市HP)
河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る