FAQ

台風19号「浸水ここまで」 水害教訓伝える 大崎・大郷の19ヵ所に表示板

 水害の記憶を忘れず、今後の備えに生かしてもらおうと東北地方整備局北上川下流河川事務所は25日、2019年10月の台風19号で被災した宮城県大崎市鹿島台と大郷町に、浸水した高さを示す表示板を設置した。

 表示板は縦30センチ、横150センチで青地に白字で「令和元年東日本台風 浸水ここまで」と記した。併…

残り 279文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る