ホヤ、玉こんも機内食に 日本航空が東北の食材活用

4月の機内食で使用される食材をアピールする石巻市出身の客室乗務員佐藤園子さん

 東日本大震災の発生10年に合わせ、日本航空は4、5月の機内食や飲料に東北の特産品を活用する。全国各地の観光情報を発信する「JALふるさとプロジェクト」の第1弾。機内誌でも6県の魅力を紹介する。

 国内線ファーストクラスの4月の夕食を、岩手県田野畑村のフランス料理店「ロレオール田野畑」の伊藤勝康オーナーシェフが監修。岩手県産カモ、宮城県産ホヤ、登米市産ひとめぼれ、福島県川俣町特産シャモを使った洋食を提供する。平川市産りんごジュース、福島県金山町産天然炭酸水も取りそろえた。

 5月は南陽市の温泉旅館「山形座 瀧(たき)波(なみ)」の大前拓也料理長が監修する。秋田県産比内地鶏やハタハタ、山形県産サクランボ、玉こんにゃくを生かした和の料理が並ぶ予定。秋田市の地酒や南陽市産ぶどうジュースも味わえる。2カ月間で東北の食材約50品目が登場する。

 機内誌「SKYWARD」では4月、陸前高田市や宮城県南三陸町など三陸沿岸自治体のホテルや温泉、飲食店、漁師を特集。5月は山形市内の文翔館や老舗料亭にスポットを当てる。

 東北観光推進機構の紺野純一専務理事は「東北に来られなくても、観光情報や食を楽しんでもらいたい」とPRしている。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る