「子姫芋」でドーナツ、オムレツも 寒河江市が料理コンテスト

子姫芋を使った料理を試食する審査員
皮をむいた子姫芋は色白の見た目が特長

 山形県寒河江市の伝統野菜でサトイモの一種「子姫芋(こひめいも)」のブランド力を高めようと、市が魅力の発信に力を入れている。素材に使う初の料理コンテストが市内のホテルで開催された。全国から応募された114品のうち1次審査を通過した9品を、地元の生産者らが味わって最優秀賞を決めた。

 子姫芋は地域を流れる最上川沿いの肥えた土壌で育ち、色白の見た目にとろけるような食感が特長。農家13戸が生産し、主に地元の直売所での販売やふるさと納税の返礼品、首都圏の飲食店で活用されている。

 コンテストは2月下旬に開かれ、子ども、高校生、一般の3部門の上位3品ずつが登場。ドーナツやピザ、オムレツなど多彩なメニューが並んだ。生産者でつくる寒河江市子姫芋組合の組合員、東京からリモートで参加した日本イタリア協会の原宏治副会長らが試食し、見た目や創造性などを点数化した。

 審査の結果、子どもの部は「和風子姫芋グラタン」、高校生の部は「グルテンフリー!? 子姫芋とバナナのパウンドケーキ」、一般の部は「子姫芋のふわとろゴマケーキ」が最優秀賞を獲得した。市は公式ホームページやツイッターで応募作のレシピを紹介するほか、レシピ集の冊子作成も検討している。

 同組合の黒田祐一代表は「子姫芋を使った料理が集まり感激している。良質な芋をたくさん取れるように頑張るので、家庭で年間通して食べてほしい」と話した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る