新型コロナ 5人感染の石巻の飲食店、県が店名公表 連絡を呼び掛け

 宮城県は1日、従業員と利用者の計5人が新型コロナウイルスに感染し、濃厚接触者が特定できないとして、石巻市立町2丁目の酒類を提供する飲食店「Foods&Bar ism(イズム)」の店名を公表した。
 県によると、3月25日午後8時~28日午前0時に滞在した人の一部が特定できないという。対象者は受診・相談センター(コールセンター)へ連絡するよう呼び掛けている。
 県と仙台市は1日までに同市の接待を伴う飲食店で4人、利府町の高齢者施設で3人の感染が判明したため、両施設の業種・業態を公表した。同市の宗教施設では新たに1人の感染が分かり、計5人となった。
 市子供未来局幼稚園・保育部の60代男性職員の感染も分かった。3月29日に出勤していたが、窓口業務はしていないという。おおぞら保育園(太白区)は職員1人の陽性が確認され、2~5日を臨時休園とする。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る