春季高校野球 宮城の地区大会は2年連続中止

 宮城県高野連は12日、春季県大会を5月13〜27日に実施することを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地区大会は2年連続で中止し、トーナメント方式で行う。

 県大会の組み合わせ抽選会は今月23日。新型コロナ対策として、2回戦までは選手1人につき保護者2人まで入場でき、3回戦以降は観客の上限を3000人とする方針だ。役員改選もあり、女性初の常任理事に松島高教諭の石垣美映氏が就いた。

 また、6月に秋田県で開催する春季東北地区大会の出場校を4減の14とすることを明らかにした。秋田と次年度開催県の福島から各3校が参加する。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る