閉じる

被災サーファー物語(1) 理想郷思い 通う日々

<パイオニア>(上)流失 宮城県亘理町・越後一雄さん(74)

 東日本大震災発生からちょうど10年の3月11日朝、宮城県亘理町荒浜地区。阿武隈川河口の南岸にあるサーフポイント「鳥の海」で、町内に暮らす越後一雄さん(74)が太平洋の波を見つめていた。震災命日だから浜に来たわけではない。堤防から波の状態を…

残り 987文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより