工場立地件数、面積ともに過去最少 東北の20年動向調査

 東北経済産業局がまとめた2020年の工場立地動向調査(速報)によると、東北6県への立地件数、立地面積がともに1967年の調査開始以降で最少となった。同局は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、設備投資を見合わせる企業が多いとみている。

 工場立地件数は76件。リーマン・ショックの影響を受け、過去最低だ…

残り 371文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ