ネッツトヨタ山形、全店で30分車検 年度内に全車種対応へ

30分車検を実演する天童店のスタッフ=天童市

 ネッツトヨタ山形(山形市)は、主力小型車「ヴィッツ」の車検時間を従来の60分から半分に短縮する「プレミアム車検30分」の導入を、山形県内全11店舗で完了したと発表した。

 企業の生産性向上を支援する山形大国際事業化研究センターと連携した取り組みで、2019年12月に山形市の本店で始まった。同社によると、東北6県のディーラーで30分車検を実施しているのは山形のみ。

 最後の導入店舗となった天童店で3月末に実演会があり、関係者約40人が集まった。所要時間を短くするため整備士3人の動線を見直したほか、事前に道具を用意し、車庫内にマーキングを増やして車の移動位置を一目で分かるようにするなどの工夫が紹介された。

 天童店の担当者は「30分でも安全な点検ができることを知ってほしい。整備士の動きをパフォーマンスとしても楽しんでもらいたい」と話す。

 対象車種は本年度中に全車種へ広げる予定。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る