「処理水の放出、首相は責任を」 福島知事が申し入れ

内堀雅雄 福島県知事

 東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する政府決定を巡り、内堀雅雄福島県知事は22日、菅義偉首相と面会し「首相が前面に立ち、責任を果たすことが重要だ」と申し入れた。菅首相は「リーダーシップを発揮し、福島の復興に向けて処理水の問題に責任と覚悟を持つ」と語った。

 官邸で面会後、記者団の取材に応じた内堀知事は「福島県だけでなく、日本全体の問題だ」と訴え、首相の積極的な関与を促した。

 方針決定後、漁業者を中心に県民から風評被害の懸念が相次いだとして、関係者への説明や情報発信などの強化を求めた。

 菅首相は「県民、特に漁業者の思いを真摯(しんし)に受け止める。積極的に広報活動を行い、丁寧に説明する。風評対策でできることは全部やる」と答えたという。

 内堀知事は取材に「首相が示した決意と覚悟が、オールジャパンで取り組む出発点になると期待している」と述べた。

 政府は13日の関係閣僚会議で、海洋放出するとの基本方針を決めた。2年後をめどに開始する方針。処理水に含まれる放射性物質トリチウムの濃度を、飲料水の国際基準を大幅に下回るまで海水で薄める。

河北新報のメルマガ登録はこちら
原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

企画特集

先頭に戻る