東北楽天競り負け、連勝止まる

6回ロッテ1死一、二塁、レアード(右)に逆転の左越え3ランを浴び、厳しい表情の東北楽天先発の早川=2021年5月2日、楽天生命パーク宮城 (藤井かをり撮影)

 東北楽天は競り負け、引き分けを挟んでの連勝が4で止まった。
 5-5の九回、4番手松井が荻野に勝ち越しの1号ソロを浴びた。先発早川は要所で制球が甘くなり、六回途中5失点で降板した。打線は1点を追う四回、辰己の6号2ランなどで3点を奪い逆転に成功。4-5の七回にディクソンの遊ゴロの間に追い付いたが、粘りも実らなかった。
 ロッテは11安打と打線が活発で連敗を2で止めた。

東北楽天-ロッテ9回戦(4勝4敗1分、13時、楽天生命パーク宮城、7622人)
ロッテ 000104001-6
東北楽天000310100-5
 
▽勝 唐川16試合2勝1敗
▽S 益田15試合3敗6S
▽敗 松井15試合1敗7S
▽本塁打 辰己6号(2)(鈴木)レアード3号(3)(早川)荻野1号(1)(松井)

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る