ベガルタ、きょうルヴァン杯 清水戦

練習でパスカットを狙う照山(中央)

 J1仙台は5日、静岡市のIAIスタジアム日本平でYBCルヴァン・カップ(ルヴァン杯)1次リーグD組第5節のアウェー清水戦(午後2時開始)に臨む。現在1勝3敗の勝ち点3でD組最下位の4位。この一戦に敗れると、1次リーグ敗退が決まる。ホームでリーグ戦今季初勝利を挙げた勢いをつなげたい。

 2日は仙台市の紫山サッカー場で練習した。攻撃の組み立てを確認し、DFアピアタウィアが長い縦パスの感触を確かめた。DF照山はミドルシュートやボレーシュートでネットを揺らした。3、4日は完全非公開で調整した。

 仙台は第4節の横浜M戦で組織的に守れず、2-5で大敗した。清水は広島に1-2で敗れた。今季ホーム戦未勝利で、直近の公式戦8試合勝ちなしと元気がないが、仙台の手倉森監督は「守備から入るチームで手堅い。手数をかけない攻撃で効率よくプレーしないといけない」と話した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る