ベガルタ、518日ぶりホーム勝利 今季初

仙台―柏 リーグ戦で今季初勝利を挙げ、喜び合う仙台の選手(写真映像部・山本武志撮影)

 サッカーJ1仙台は1日、仙台市のユアテックスタジアム仙台で行われたリーグ戦第12節で柏を1-0で破り、今季リーグ戦初勝利を挙げた。ホーム戦での勝利は2019年11月30日以来518日ぶり。
 前半を0-0で折り返し、一進一退の攻防が続いた後半23分、DF蜂須賀孝治の右クロスにFW西村拓真が頭で合わせて先制した。終盤は自陣ゴール前を固めて柏の猛攻をしのいだ。
 手倉森誠監督は「サポーターとの共闘で勝ち取れた勝利。苦しんだ分、何度も喜びを分かち合えるようにしていきたい」と語った。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る