秋田の商店街にリモートワーク拠点 テラスやシャワー室完備

「Newテラス広小路」のシェアオフィス

 秋田市中心部に13日、リモートワークの拠点施設「Newテラス広小路」が開設される。テレワークやウェブ会議で利用してもらい、全国最速ペースで人口減少が進む秋田県内への移住定住の促進、中心商店街の活性化につなげる。
 同市のリフォーム会社「奥羽住宅産業」が同市千秋明徳町にある3階建ての空きビルを取得し、改修した。レンタルオフィス6室と会議室3室、シェアオフィス19席を備える。
 3階にはオープンテラスを設け、市内の眺望を楽しみながら、開放的空間で仕事ができるようにした。仕事の合間にストレス解消と気分転換を図ってもらうため、運動スペースとシャワー室を完備。Wi-Fiも無料で利用できる。
 4月30日には関係者向けの内覧会があり、約30人が出席した。同社の中村瑞樹社長(60)は「起業を目指す人や若い世代にも気軽に利用できる施設にした。県内移住のきっかけになってもらえれば」と話した。
 利用時間は午前9時~午後8時(年中無休)。ウェブサイトか電話で予約する。利用料金はシェアオフィスが1日1600円。レンタルオフィスは1人部屋と2~3人部屋があり、1日2100~2800円。1カ月、1週間単位での利用もできる。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る