ベガルタ、きょうアウェー浦和戦

リラックスした雰囲気でボールの感触を確かめるフォギーニョ

 J1仙台は9日、さいたま市の埼玉スタジアムでリーグ戦第13節のアウェー浦和戦に臨む。午後4時試合開始。前節、今季初白星をつかんだ勢いに乗りたい。

 6日は仙台市の紫山サッカー場で練習した。下部組織との紅白戦で、GKスウォビィクが守備をコントロールし、MF関口が得点した。5日のYBCルヴァン・カップ(ルヴァン杯)清水戦に出場したMFフォギーニョらは、ランニングなどで軽めの調整。7、8日は完全非公開で練習した。

 仙台は1勝3分け7敗で19位。前節のホーム柏戦は1-0で逃げ切った。FW西村が決勝点を挙げ、粘り強い守備で柏の反撃をしのいだ。

 浦和は5勝2分け5敗で9位。前節は福岡に0-2で敗れた。リーグ戦での通算対戦成績は仙台の3勝9分14敗。

 手倉森監督は「敵地での試合だし、先に点を与えないように戦わなければならない」と話した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る