宿泊特典は事前PCR検査 岩手・雫石プリンスホテル

 雫石プリンスホテル(岩手県雫石町)は13日、新型コロナウイルスの感染の有無を調べる事前のPCR検査付き宿泊プランの予約受け付けを始める。宿泊前に検査キットで陰性が分かれば利用できる。

 宿泊は21日からで、予約の目安は宿泊の8日前まで。自宅に届くキットで唾液を採取して検査機関に発送する。インターネットの専用アプリをダウンロードすれば前日までに結果が通知される。陰性結果が表示されたアプリ画面の提示でチェックインできる。

 検査は、医療・福祉分野のICT(情報通信技術)事業を手掛けるアルム(東京)などと提携する。

 プランの対象はスタンダードツイン。1室1泊2人で利用した場合は朝食、キットを含め1人当たり5993円から。1人での利用は8413円から。キットと検体の送料は自己負担。入湯税は別途かかる。

 プランにはレストランや売店、同ホテルが運営するロープウエーで使える利用券3000円分が付く。担当者は「事前の検査で安全に、安心してホテルを利用してほしい」と話した。

 全国の系列ホテルで計5000個のキットを用意し、なくなり次第終了するという。東北では十和田プリンスホテル(秋田県小坂町)でも始める。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る