東北楽天、首位陥落 田中将が逆転の被弾

6回オリックス1死一、二塁、吉田正(手前)に逆転3ランを浴びた田中将

 東北楽天は逆転負けで首位から陥落した。

 先発田中将は五回まで無失点でしのいだが、2-0の六回、吉田正に左中間への逆転3ランを許し、7回3失点で3敗目。打線は三回に田中和の適時打で先制し、四回は敵失に乗じて2点目を挙げた。2-4の九回は岡島の適時打で1点差に追い上げたものの、後が続かなかった。

 オリックスは小刻みな継投で反撃をかわし2連勝。

オリックス-東北楽天7回戦(オリックス3勝2敗2分、15時31分、ほっともっとフィールド神戸、7795人)
東北楽天 001100001-3
オリックス00000301×-4

▽勝 竹安9試合2勝
▽S K―鈴木8試合1S
▽敗 田中将5試合2勝3敗
▽本塁打 吉田正8号(3)(田中将)

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る