新入社員が「いきなり社長」 山形・東根の派遣会社企画

マイセルフの採用専用ウェブサイトに掲載しているPR画像

 山形県東根市の人材派遣業「マイセルフ」は4日、来春卒業見込みで起業を志す大学生の採用募集を始める。「いきなり社長採用」と銘打ち、初めて企画した。入社後に新規事業の担当部長に就いたり、グループ会社として独立したりすることができる。

 入社希望の学生に企画案の持ち込みを求め、本人のプレゼンテーションを経た後に採用の合否を判定。合格者は入社後すぐに社長や部長として活躍できる。事業の内容や展開する場所は問わない。同社は融資や会社設立の手順、新事業の人材確保など課題の解決を支援する。設立する会社が本社の完全子会社化や出資を希望した場合、柔軟に応じる。

 企画のプロジェクトリーダーを務める千葉営業所長の後藤修平さん(43)は「企画力はあるが起業のハードルを高く感じている若者の夢を応援したい。わが社の売上高を超えるまで成長しても面白い」と意図を語る。

 同時に二つのユニークな採用手法も実施。(1)ツイッターやインスタグラムのフォロワーが1000人以上いる山形県在住か出身者(2)派遣や飲食のアルバイト経験のある学生-は書類審査などを経ず、優先的に最終の役員面接だけで合否を決める。

 同社は2008年創業。山形、宮城、福島と首都圏で人材派遣や紹介、請負事業、不動産売買などを手掛ける。来春は一般募集を含めて10人程度を採用する予定。後藤さんは「今後もユニークな採用を企画し、やる気のある意欲的な人材を獲得したい。予想を超える意外な発想は会社の刺激にもなる」と期待する。

 募集は来年2月末まで。詳細は採用専用の公式ウェブサイトに記載している。連絡先は同社の採用担当、菅野貴之さん0237(53)0886。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る