閉じる

社説(6/4):被災地での伴走型支援/課題解消へ制度化検討を

 東日本大震災は被災者支援の在り方に再構築を迫ったといえよう。一人一人の状況に応じて生活再建を目指す「伴走型」の支援活動が進んだ。災害ケースマネジメントと呼ばれる。

 申請や相談を待たず、被災者への戸別訪問を通してニーズや課題を把握。個別に生活再建計画を作り、官民が連携して支援を続ける手法を指す。震災…

残り 942文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集