広瀬川の灯ろう流し、今年も中止

 仙台市若林区の宮沢橋周辺の広瀬川河川敷で毎年8月20日にある「広瀬川灯ろう流し」の実行委員会は4日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年の開催を中止すると発表した。中止は2年連続。

 広瀬川灯ろう流しは江戸時代から伝わる送り盆の行事。地元商店街や町内会が1990年に復活させた。花火の打ち上げやコンサートが行われ、2019年には約4万人が集まった。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る