FAQ

「アイガモロボ」有機農法後押し 17都府県で実験中

 宮城県など全国の水田で、雑草の成長を抑える「アイガモロボ」の実証実験が進められている。開発したのは仙台市出身の中村哲也さん(47)。農作業の軽減を図り、有機米の生産を後押しする。稼働条件などを見極めた上で数年後の商品化を目指す。

 実験を手掛けるのは有機米の生産を支援する「有機米デザイン」(東京)。…

残り 697文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る