山形のプール「県外客お断り」

例年夏季に利用者でにぎわう屋外プール(山形市馬見ケ崎プール「ジャバ」提供)

 山形市は、同市馬見ケ崎プール「ジャバ」の利用を当面、県内在住者に限ると発表した。例年、屋外プールを開放する夏季は宮城など他県からの利用者が半数以上を占める。新型コロナウイルスの変異株が広がる中、市保健所の指導に沿い、プールサイドなどでの感染を回避する。

 施設は昨年1月からの大規模な修繕工事と新型コロナの影響により、屋内の営業を今年5月に再開した。屋外プールの営業は7月4日~9月5日で、屋内外に設けたウオータースライダーは利用中止とする。

 営業は2、3時間ずつの入れ替え制とし、各回の定員は男女各25人。利用者に氏名や住所などをチェックシートに記入してもらう。

 市は営業中の市総合スポーツセンターの屋内プールも、県内在住者のみの利用とする方向で検討している。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る