B2仙台新監督に藤田氏 琉球指揮、2季連続地区V

藤田弘輝氏

 バスケットボール男子、B2仙台は9日、新監督にB1琉球前監督の藤田弘輝氏(35)が就任すると発表した。

 藤田氏は埼玉県出身。ハワイ大学ヒロ校を卒業後、2008年からbjリーグ浜松・東三河(現B1三遠)と宮崎でプレー。11年に現役引退後は宮崎のアシスタントコーチ(AC)兼通訳に就任。理論派の指導ぶりが買われて14年にbj福島の初代監督に就き、2季連続でプレーオフに導いた。

 その後はB1三遠監督を経てB1琉球ACとなり、昨季途中で監督に昇格。今季は40勝16敗で西地区2季連続制覇を果たし、リーグの王座を争うチャンピオンシップ準決勝まで進んだ。

 藤田氏は「B2優勝、B1昇格というクリアな目標に向かって、ともに熱く闘う」とコメントした。

 志村雄彦球団社長は「藤田氏のバスケに対する情熱、謙虚さ、向上心がわれわれの築いてきたカルチャーと融合し、チームを必ずや次のステージに導いてくれる」と期待を寄せた。

 仙台を3季にわたり指揮した桶谷大氏(43)は同日、10季ぶりの琉球監督就任が決まった。

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る