【動画】夜の水族館にホタルの光 うみの杜で特別展

仙台うみの杜水族館で「ホタルの杜」
1/3

 仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区)で12日、ホタルを観察できる特別展「ホタルの杜」が始まります。準備が進む館内を一足早く取材しました。
 照明を暗くした展示水槽に、黄緑色の光が飛び交っています。時折、葉脈が分かるほど明るく光る様子や、合図を交わすように時間差で光る光景も見られました。
 展示しているのは館内で生まれたゲンジボタルとヘイケボタル。羽化の状況で変化するものの、少なくとも20~30匹は観察できるとのことです。

 12日午後6時~8時半には「夜のホタルの水族館」というイベントがあります。大水槽の前に小型のホタル水槽を置き、飼育員が解説をします。浴衣姿で来館した人には先着順で水ヨーヨーが贈られます。
 水族館の板橋瑠花さん(24)は「生態を知るだけでなく、ホタルを楽しむという夏の文化にも触れてほしいです」と話します。
 特別展は27日まで。午前9時~午後5時半(入館は午後5時まで)。入館料18歳以上2200円、中、高校生と65歳以上1600円、小学生1100円など。「夜のホタル」の入館料は18歳以上1900円、中、高校生と65歳以上1300円、小学生900円。
 連絡先は水族館022(355)2222。

関連動画タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る