いわきの4海水浴場、今夏も開設見送り

 福島県いわき市は10日、新型コロナウイルスの感染状況を受け、市内の勿来、薄磯、四倉、久之浜・波立の4海水浴場を今夏は開設しないと発表した。開設見送りは2年連続。
 関係機関でつくる海水浴安全対策会議で決定した。市外や福島県外からの遊泳客が多く、都道府県をまたぐ移動の原因になることや、監視員らが無症状の感染者と接触する可能性があることなどを踏まえた。
 開設しなくても観光客の海岸への立ち入りが想定されることから、市は遊泳禁止の看板設置や関係機関による見回りなどの安全対策を実施する予定。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る