[写真特集]聖火リレー、岩手を走る

聖火のトーチを手に笑顔で走る書道家武田双雲さん=18日午前、岩手県平泉町
岩手県北上市で行われた聖火リレー=18日午後
盛岡市の聖火リレーは公道走行を中止し、トーチキス形式で実施された=18日夜、盛岡八幡宮
東京五輪の聖火リレーが東日本大震災の被災地・岩手県を巡って2日目。復興のシンボル「奇跡の一本松」を背にランナーが聖火をつないだ=17日午後7時15分ごろ、岩手県陸前高田市
聖火ランナーを応援する手作りの横断幕とともに記念撮影する家族ら=17日午前10時50分ごろ、岩手県田野畑村島越
島の越漁港を走る聖火ランナー=17日午前10時55分ごろ、岩手県田野畑村島越
災害公営住宅の前で「ありがとう」と書かれたタオルを手に応援する児童ら=17日午後2時15分ごろ、岩手県山田町
災害公営住宅の前で行われたトーチキス=17日午後2時35分ごろ、岩手県山田町
大漁旗の前を走る聖火ランナー=17日、午後2時45分ごろ、岩手県山田町
岩手山の焼走り溶岩流展望台からスタートした岩手県八幡平市の第1走者=16日午前10時40分ごろ、八幡平市平笠
岩手山の麓を走る聖火ランナー=16日午前11時ごろ、岩手県八幡平市
東日本大震災で被災した沿岸部から駆け出す聖火ランナー=16日、午後5時50分ごろ、岩手県普代村
東日本大震災の慰霊碑の前で引き継がれた聖火=16日、午後6時50分ごろ、岩手県野田村
多くの人が見守るなか、駆け出す聖火ランナー=16日、午後6時50分ごろ、岩手県野田村

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら


企画特集

先頭に戻る