FAQ

制度難解、県民への周知進まず 水道みやぎ方式

 【解説】宮城県による水道3事業の一括民間委託「みやぎ型管理運営方式」は、20年間の業務を担う企業グループへの運営権設定議案が5日の県議会で可決され、全国初の事業開始に向けた最終関門をクリアした。メリットやリスクについて県民への周知が進んだとは言い難く、県には積極的な説明責任が求められる。

 議論は終…

残り 619文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る