閉じる

金券ショップ苦境 交通系回数券のICカード化で打撃

 新幹線や高速バスの回数券を取り扱ってきた宮城県内の金券ショップが苦境に陥っている。ICカードの急拡大で交通各社が回数券販売を打ち切るなどし、各店での取り扱いが減ったためだ。業界団体は「高齢者など情報弱者に回数券は必要だ」として国などに販売継続を求めている。

 大崎市のJR古川駅前で唯一の金券ショップ…

残り 1019文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集