東北の旅行者「地元志向」 7割が県内か隣県宿泊

 東北活性化研究センターの調査によると、2020年度に東北6県と新潟県から旅行に出掛けた人のうち、宿泊先に県内か隣県を選んだ人が70・3%に上った。全国平均の48・6%を大きく上回り、新型コロナウイルスの影響も踏まえた7県の旅行者の「地元志向」が顕著に表れた。

 コロナ禍による国内宿泊市場の変化を調べ…

残り 670文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ