宮城の空に希望の五輪 ブルーインパルスが飛行訓練

梅雨が明けた空に、ブルーインパルスが描いた五つの輪が浮かび上がった=16日午前10時50分ごろ、東松島市

 航空自衛隊松島基地(東松島市)の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」が16日、宮城県で飛行訓練を実施した。スモークで描いた五輪マークを浮かび上がらせ、多くの市民が夏空を見上げた。

 ブルーインパルスは23日、東京五輪開会式がある国立競技場の上空に青、黄、黒、緑、赤のカラースモークで五輪マークを描く。

 1964年東京五輪の開会式でもスモークで五輪マークをかたどった。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら


企画特集

先頭に戻る