20年度政活費執行率は83% 仙台市議会

 仙台市議会(定数55)は19日、2020年度の政務活動費(政活費)の収支報告書と添付された領収証を公開した。全体の執行率は83・2%で、19年度の改選後(19年8月28日~20年3月31日)の68・8%を14・4ポイント上回った。
 会派別の執行状況は表の通り。20年度は新型コロナウイルス対策費の財源確保で、7月~21年3月分の交付額が50%削減され、執行率は全会派とも19年度の改選後より増加した。
 最高は1人会派「市民と未来のために」の100%(19年度改選後比2・3ポイント増)。共産党市議団99・8%(3・7ポイント増)、社民フォーラム市議団96・9%(11・2ポイント増)などと続き、最も低い公明党市議団は61・4%(22・2ポイント増)だった。
 政務活動費は議員1人に月額35万円が支給される。交付総額は1億4438万円、執行総額は1億2017万円。使わなかった2421万円は市に返還する。
 収支報告書と領収書は平日午前9時~正午と午後1~5時、市役所議会棟で閲覧できる。8月27日からは市議会ホームぺージでも公開する。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る