「中尊寺ハス」4日間咲いて散る 盛岡の庭園で見頃

 盛岡市の市指定保護庭園「一ノ倉邸」の池で、東日本大震災からの復興と犠牲者の鎮魂を願って株分けされた「中尊寺ハス」の花が次々と開き始めた。

 ハスは震災翌年の2012年4月、岩手県平泉町の中尊寺から移植された。今月3日に最初の一輪が咲き始め、23日は8輪の開花と五つのつぼみを確認した。8月上旬までに計…

残り 232文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ