FAQ

魔よけの護符「まめ大師」配布へ 中尊寺、節分行事は中止

 岩手県平泉町の世界遺産・中尊寺は、古くから伝わる魔よけの護符「魔滅(まめ・豆)大師」を2月2、3日に限定配布する。新型コロナウイルスの感染予防のため節分の豆まき行事は中止するが、寺は「護符はコロナ退散の一助ともなる」とPRしている。

 厄災を払いのけるとされる護符の絵柄は、33体の豆粒のような慈恵大…

残り 135文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る