仙台市長選きょう投票

 任期満了に伴う仙台市長選は1日、投票が行われ、即日開票される。新型コロナウイルス流行後、市内で初めて行われた大型選挙。新人で合同会社代表の加納三代氏(45)、再選を目指す現職の郡和子氏(64)の無所属2人が立候補し、新型コロナ対策などを争点に論戦を繰り広げてきた。

 新規感染者が日々増加する中、両候補は有権者との握手を控えるなどし、感染対策を最優先した選挙戦を展開した。告示後に東京五輪が開幕し、連日のメダルラッシュで有権者の関心を引き寄せるのに腐心した。投票率が過去最低だった2013年の30・11%を上回るかどうかも焦点となる。

 投票は午前7時~午後8時(一部は午後6時)に市内173カ所で行われる。市選管は開票終了を2日午前1時ごろと見込む。

 7月22日現在の有権者は90万6553人。

仙台市長選 過去の記録
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る