インパール作戦 死線さまよい自決も覚悟 飢えや高熱、救われた命

 15日、76回目の終戦記念日を迎えた。コロナ禍の夏、遠い戦禍の伝承がより身近に重く響く。

 日本兵の白骨が並ぶジャングルで自身も死線をさまよい、2度自決しようとした。インパール作戦に投入された宮城県栗原市鶯沢の菅原利男さん(97)は当時の記憶をたどり「(生還できたのは)運が良かっただけだ」と振り返る…

残り 1126文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集