仙台六大学野球、秋季Lの開幕延期 まん延防止再適用で

 仙台六大学野球連盟は18日、監督会議を開き、秋季リーグの開幕日を28日から9月18日に延期すると決めた。同月12日まで、宮城県に新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置が再適用されることを受けた。

 10月17日までの5週にわたり、2回戦総当たりの勝率制で優勝を争う。従来の1日2試合を3試合に変更し、開催期間を短縮する。上位2校の勝率が並んだ場合、同月18日に開くプレーオフ1試合で勝者を決める。対戦カードは調整中で、観客の有無は今後の感染状況に照らして判断する。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る